1. HOME
  2. ブログ
  3. 業務用脱毛機
  4. 業務用脱毛機を販売する富士美容機がおすすめする「家庭用脱毛器の選び方」

BLOG

ブログ

業務用脱毛機

業務用脱毛機を販売する富士美容機がおすすめする「家庭用脱毛器の選び方」


はじめに

脱毛サロンに行かずに、好きな時にムダ毛処理できる『家庭用脱毛器』。

「自分の体を他人に見られるのは抵抗がある」、「脱毛サロンに通う時間がない」、こういった悩みをお持ちの方にはおすすめです。

とはいえ、「脱毛器は本当に効果がある?」「痛みはある?」「全身に使っていいの?」など疑問に思う人も多いと思います。また、女性用だけでなく、男性用や子供用のものまでさまざまな商品が販売されていて、どれを買っていいか悩んでしまいますよね。

そこで今回では、脱毛器の選び方や効果・使い方について解説します。

脱毛器の選び方


脱毛方法で選ぶ

まず、家庭用脱毛器では「永久脱毛」は望めません。あくまでも、「毛の生えるスピードを遅くするなどして、目立たなくさせる」ための一手段であることをご認識ください。
では早速、脱毛器の選び方について、解説します。

脱毛器は大きく分けて、次の2種類です。
1つは、フラッシュやレーザーの光を肌に照射する「光美容器」。
もう1つは、ローラーで毛を挟み込んで抜く「ローラー式美容器」です。
「光美容器」には「フラッシュ方式」と「レーザー方式」があるので、これから詳しく説明していきます。

 

広範囲に使えて、痛みを感じにくい「フラッシュ式」

家庭用脱毛器で広く普及しているのが「フラッシュ式」です。
フラッシュ式は、照射面積が広いため、一度に手入れできる範囲が広く、短時間で手入れできるというメリットがあります。
さらに、痛みを感じにくいという特徴もあるので「痛いのは苦手」という初心者にピッタリです。
レーザー式と比べるとパワーは劣りますが、「長期的にゆっくり脱毛したい」という人にはピッタリです。

効果を感じやすい「レーザー式」

レーザー式は、医療機関で使われている「レーザー脱毛」の機器の出力を家庭用にと抑えたものです。
毛を黒くするメラニン色素に反応してレーザーを照射するタイプで、照射時には輪ゴムではじかれたような痛みを感じることが多い分、効果を感じられやすいといった特徴があります。


リーズナブルで手に入れやすい「ローラー式」

ローラー式は、ヘッド部分のローラーを直接肌に当て滑らせることで、毛が抜ける仕組みで、「電動毛抜き」とも呼ばれています。
個人差はありますが、ローラー式で処理する場合、毛を抜いて1週間程度は生えてくる心配がないため、一時的に毛を処理しておきたいという時にピッタリ。
フラッシュ式やローラー式よりリーズナブルな商品が多く、手に入れやすいのがメリットです。
一方、毛が抜ける際に痛みを感じる、人によっては処理した場所に赤みが出るなどのデメリットがあります。


脱毛できる部位で選ぶ

家庭用脱毛器には、体の限られた部分にしか使用できないものもあるため、自分が脱毛したい部位が脱毛できるのか、購入前に確認する必要があります。

広範囲 or 痛みを感じやすい部位は「フラッシュ式」がおすすめ!
フラッシュ式には、短時間で広範囲の処理ができるため、毛が目につきやすく、面積の広い腕やワキ、脚の脱毛におすすめです。
また、太く濃い毛には反応しやすい、レーザー式より照射パワーが弱く、痛みを感じにくいという特徴があることから、ヒゲやVIOなど痛みを感じやすい部位に使うのもおすすめ。

一方、フラッシュ式は、産毛など細い毛に反応しづらいといった特徴があるため、背中やお腹の脱毛には向いていません。


ピンポイント脱毛に適した「レーザー式」
レーザー式は、フラッシュ式より照射範囲が狭く処理に時間がかかるものの、一度に与えるダメージが大きい分、少ない回数で効果を感じやすいため、「ある程度の痛みには耐えられる」、「ピンポイントでなるべく早く効果を実感したい」という人にという人におすすめ。

一方、広範囲での使用はムラになりやすく、皮膚が弱い顔・デリケートゾーンには使用できないものもあります。


顔脱毛・VIO対応かチェック
顔脱毛やVIO脱毛に対応しているものは限られています。顔脱毛・VIO脱毛を考えている人は、顔やVIOに使用していいかチェックするようにしましょう。
皮膚がデリケートなVIOを脱毛する場合は、痛みを感じにくいもの、もしくは照射レベルを調節できるものを使用することをおすすめします。

使いやすさで選ぶ

次に確認しておきたいのが、「使いやすさ」です。製品によって照射面積や照射回数もさまざまなので、自分にとって使いやすいポイントは何かチェックしておきましょう。

照射面積・対応部位が多いものを選ぶ
照射面積が大きければ大きいほど、照射回数を減らすことができ、脱毛にかかる時間も短縮できてコストが下がるというメリットがあるので、できるだけ照射面積が大きいものを選びましょう。
また、対応部位が多いものを選べば、自己処理できる範囲も広くなります。

最大照射回数で選ぶ
光やレーザーを使った脱毛器は、大切に使えば永遠に使用できるというわけではなく、寿命があります。そのため、コストパフォーマンスを考えると、最大照射回数があまりに少ないと、本体価格は安くてもコスパは悪いといえます。
光を照射できる回数は、各商品ごとに決まっていて、数十万回〜数百万回とさまざまですので、本体価格だけにとらわれず、本体価格と機能を照らし合わせながら、最大照射回数をチェックするようにしましょう。

照射レベルを調節できるか
光による脱毛器は、毛量が多い箇所や毛が濃い箇所、日焼けした箇所などは、より痛みを強く感じてしまう場合があります。照射レベルを調節できれば、痛みを感じるリスクを自分で減らすことができます。

人気メーカーから選ぶ

どの脱毛器を選べば良いか悩む人は、脱毛器の人気メーカーから選ぶのもおすすめです。

 

その他・便利機能で選ぶ

痛みを軽減できる“冷却機能”付き
脱毛の痛みをできるだけ軽減したい時に便利なのが、“冷却機能”。
脱毛する時は、保冷剤やジェルなどで冷やす場合がありますが、毎回するのは面倒だという時には、脱毛しながら肌を冷やす機能があれば、事前に冷やす必要もないため、時短になります。

さらに、使用後に出る赤みなどの肌トラブルを防ぐこともできます。

美肌ケア機能付き
敏感肌の人やデリケート部分を脱毛するという時に心配なのが肌トラブルです。
脱毛しながら、美肌ケアもできる機能があれば、安心して手入れを続けることができ、脱毛しながら、美肌を目指すことができます。

本体交換不要!「カートリッジ交換タイプ」を選ぶ
光脱毛器は、照射回数に限度がある消耗品で、「カートリッジ交換式」と「本体交換式」の2種類があります。
「カートリッジ交換式」であれば、カートリッジ交換さえすれば、その後くり返し使い続けることが可能となり、本体を新たに買い直す必要がないので、ランニングコストを抑えられます。

まとめ

今回は家庭用脱毛器の選び方のポイントをご紹介しました。
家庭用脱毛器は、脱毛方法や脱毛したい部位、脱毛できる部位、使いやすさ、人気メーカーから選ぶというのがおすすめです。
ぜひ参考にしてみてください。

関連記事