製品紹介

エステ経営を支える!総費用でもナンバーワン!

1ショット0.1円? 無料保守は1年だけ?

エステ経営を支える!総費用でもナンバーワン!

光脱毛機の選定を「本体価格」だけで決めていませんか?たとえ160万円の機械を月額5万円で購入できても、「ハンドピース(またはランプ)の交換費用」や「機械の修理代」の違いで大きな差が出てしまうのです。当社は本体の安さだけでない「トータル費用の削減」をご提案します。

光脱毛機を初めてご検討の方は「消耗品(ハンドピースやランプ)の交換費用」や「マシンが故障したときの修理代の高さ」に、導入後にびっくりされるのかもしれません。
当社はエステサロンを経営している会社なので、エステ店舗様のお気持ちが良くわかります。エステ機器の販売会社はグレーな説明が多いのです。

例えば、1ショット0.5円が格安という会社、0.2円だという会社、0.1円だという会社もあります。実は、どれも正しいかもしれないし、どれもグレーです。
従来のIPL方式では、全身脱毛に必要なショット数は約1500ショットでした。痛みを抑えるために出力を下げているSHR方式(あるいは、高速スライド方式)では、同じ部位を1~3往復必要とする機種もあります。つまり、同じ部位を最大6回施術します。この「重複回数」によって、1ショットがいくら安くても全身まるごと1回の費用は安くならないことがあるのです。

「1ショット0.1円」となるケースは、往復数を最大にして出力を大幅に下げているケース。そうすることによって、ランプへの負担が大幅に減り、通常30万ショット保証のランプでも100万ショット以上の寿命が可能になるのです。

ややこしいですよね?
簡単な話、「ランプ1回の交換で、まるごと全身脱毛1周を、何回やれますか?」と調べると良いでしょう。
エステ店からすると「お客様1回あたりいくらかかるんだろう?」というのが重要ですよね。

長くなりました。
当社のランプは、42万ショットを保証していますが、問題はランプ性能ではないのです。
当社でも、SHRモードで低出力の場合は100万ショット近くまで利用可能です。

実は、高性能マシン用に各社が使用しているランプは、世界最高のランプメーカー、ドイツ「ヘレウス」製を使っています。フル発光での公称値は、30~50万ショット。当社が42万ショットと表示しているのはこの理由によります。

結論です。ランプ交換費用を「1人あたりの全身施術費用」に換算しましょう!
当社ペガサスと同様な最高級機では、約500円です。安い機械(実売130~160万円)では、1000円~2500円かかることがあります。

詳細は、全身脱毛施術1回分の「消耗品のコスト」の比較 にて説明させていただきました。

保守費用に関しては、メンテナンスサービスのページをご覧ください。

ページ上部へ戻る